就職・転職のお悩み・応募書類の書き方・模擬面接・お仕事探し あなたの就職活動を全力応援・西宮市しごと相談室へ!

 TOP >はたらく「ノウハウ」 >【相談日記】いつ就職活動をしたらいいのか…

日々の相談より…

先日、西宮市しごと相談室に「就職活動をする時間がない」という方がいらっしゃいました。

その方は就職活動中なのですが、生活費を得るためにアルバイトや派遣などの非正規で雇用期間の定めがある仕事を平日にすることにします。そうすると土日と夜間しか就職活動に充てられる時間がないということになってしまいました。また、急に面接の日程が決まることが多く、調整をすることが難しい状況になるそうです。
このように就職活動を行いにくい状況ができあがってしまいました。

実は同じように就職活動をする時間を確保することに悩みを抱えていらっしゃる方は他にもいらっしゃいます。
例えば、子育て中の方や介護をしている方、病気や怪我で入院生活を送っている方などです。在職中の方も同様でしょうか。

さて、そうは言っても就職活動をしなければ、就職に辿りつけません。

ではどのように進めることがよいでしょうか。

まずは、自分が就職活動に充てられる時間を知ることです。
自分がどんな状況にあり、どこで時間の確保ができるかを知るということです。
その時間の中でやるべきこと(求人を探したり、書類を作成したり…)をリストアップし、スケジュールに割り当てます。
そしてスケジュール通りに就職活動を進めることになります。
日中時間がある方と比べて時間が少ない分、工夫や人一倍の努力が求められます。

他のやるべきことと就職活動を並行して進めることが難しい場合は、就職活動の期間を確保することが求められます。
そのためには前もって周囲に予告をしておくことで、時間の確保が可能になると思います。

ここで重要なのは、「○○があるから就職活動ができない」という言い訳を作らないことです。そのことは「就職」に向かって進むことに対して、メリットがないように感じます。

もしかしたら「就職活動をする時間がない」という状況は社会においての大きな課題かもしれません。
就職活動を行いやすい環境づくりを考えることが必要かもしれません。

西宮市しごと相談室では、就職活動の進め方の相談や計画づくりのお手伝いを行います。お気軽にご利用ください。
(相談員M)

西宮市しごと相談室では、自分を“伝える”模擬面接など、様々なサポートを行っています。
ぜひご活用ください。


Share (facebook)