就職・転職のお悩み・応募書類の書き方・模擬面接・お仕事探し あなたの就職活動を全力応援・西宮市しごと相談室へ!

 TOP >はたらく「ノウハウ」 >【相談日記】郷に入れば郷に従え

日々の相談より…

西宮市しごと相談室での多くの相談内容で少なからず感じる事があります。それは「求人票」から読み取れるもの以外に、面接を受ける時に「知る」と「知らない」で大きな差になるのが「企業研究」だと思います。

面接までに十分に調べる時間がない場合もあるかもしれませんが、応募した会社に採用されたいと応募するからには、その会社を出来る限り知り尽くして臨みたいものです。

何をしている会社?扱い商品にどんなものがある?取引先は?業界での位置は?社訓・社是は?社風は?将来性は?会社の雰囲気は?…など知りたいことは山ほどあると思います。

企業研究を十分にした場合と、そうでない場合は、面接での自信にのアリ・ナシにつながります。面接に臨んだ時、自信をもって臨んだか、そうでないかで、面接官にも敏感に伝わることになります。少なくとも自分の人生の一時期を託す以上、最善を尽くす姿勢で臨みたいものです。

採用はされたが、短期で退職につながる人もおり、理由は人それぞれです。「やりたい仕事と違う」「休みたい時に休めない」「上司との人間関係が上手く取れない」「達成目標が厳しすぎる」など、あたかも企業側が一方的に悪いという理由を掲げて転職を考える場合が多いように思います。

「郷に入れば郷に従え」と言うことわざがあります。
実用日本語表現辞典よると「その土地や、その環境に入ったならば、そこでの習慣や、やり方に従うのが賢い生き方である」とあります。つまり応募者自身が企業研究を十分した上で採用された場合は、良い面、悪い面もイメージ出来ているため、想定と現実との落差(リアリティショック)が少なく、反対に十分研究しないまま、採用された場合、採用後の実体験において落差の大きく感じ、転職率は高くなる傾向にあるようです。しかし、イメージした企業像や仕事像と相違すると分かった場合でもがんばり続け、乗り越えることも選択肢としてあると思います。 それは、「郷に入れば郷に従う」ことが人生にプラスになると考えた時です。
順序として、企業をよく知った上で、面接→採用→就業となり、年数と経験を重ね、定年まで勤め上げる。振り返れば結果として天職だったなと言える。

そんなに上手く行けば苦労はしないという声が聞こえそうですが…。

企業に応募する際の「志望動機」や「自己PR」も重要です。
しかし「企業研究」もおろそかにできない大事な作業です。そして「郷(会社)に入れば郷(会社の規則やルール)に従え」を実践する事で、「世渡り上手」な一面が身に付き、永い人生において必要なスキルとなるかもしれません。
(相談員U)

西宮市しごと相談室では、自分を“伝える”模擬面接など、様々なサポートを行っています。
ぜひご活用ください。


Share (facebook)