就職・転職のお悩み・応募書類の書き方・模擬面接・お仕事探し あなたの就職活動を全力応援・西宮市しごと相談室へ!

 TOP >はたらく「ノウハウ」 >【相談日記】コミュニケーションに自信がないのです

日々の相談より…

西宮市しごと相談室にお越しになられる方から「コミュニケーションに自信がない」とよく聞きます。

コミュニケーションに自信があるとはどういうことでしょうか…

以前、営業職の方にお話しを聞く機会があり、ある質問をしました。

「営業職は話すのが上手なイメージがありますが、話すことは得意ですか?」

すると意外な答えが返ってきました。
「実は話ベタなんです。今でこそ少々話せるようになりましたが、営業職に就きたての頃は、話すことから逃げたいと思っていました。ついでに人見知りでもあります。」

ではどうやって営業するのでしょうか?
「まずは聞くことですね。自分が話すことに長けているとは思っていないので、相手のことを聞くことしかできないのです。しっかり聞いて相手の要望を把握する。そして相手に伝えるのですが、伝え方は『話す』でなくてもよいのです。資料を見せて伝えても良いし、書いて伝えるのでも良い。」

では、なぜ営業職に就いたのですか?
「もともとは製造現場でものづくりをしていました。どちらかというとモクモクと仕事をする環境でしたが、社内の部署異動で営業になったわけです。ものづくりの現場から離れるのがイヤだったのに、更に苦手な営業ですからね。困っちゃいましたよ。」
どうやって今の営業スタイルを築いたのですか?
「逃げてもしょうがないし、やってみようと始めたわけですが、最初は空回りです。上手に話せないし、相手に伝わらない。そして沈黙が流れる。そんな状況でしたね。もう何を話したらいいのかわからなくなって、ある時、お客様に聞いてみたのですよ。『何が知りたいですか?』って。そこからですね。こちらの話を一方的に言うのではなく、相手の要望(ニーズ)に応えることが大事なんだと気付いたのは。」

このようにコミュニケーションは話すことだけが大事ではないのですね。

その営業職の方は、後は経験を積むと相手の要望がなんとなくわかるから、事前の準備もしやすくなって、伝える際にも自信が出てきたそうです。

「コミュニケーションに自信がない」ことは、相手の応対に過敏な反応をすることで、言葉が出にくくなることから起こるようです。 普段から人と話すこと(雑談すること)をすることで、間合いがわかるものかと思います。

西宮市しごと相談室で相談スタッフと話して、コミュニケーションに慣れるのもよいかもしれません。
(相談員M)

西宮市しごと相談室では、自分を“伝える”模擬面接など、様々なサポートを行っています。
ぜひご活用ください。


Share (facebook)