就職・転職のお悩み・応募書類の書き方・模擬面接・お仕事探し あなたの就職活動を全力応援・西宮市しごと相談室へ!

 TOP >はたらく「ノウハウ」 >【相談日記】前に進んでいる気がしない…

日々の相談より…

就職活動をしていて何だか進んでいるのだか、後退しているのだか、進む方向が合っているのだか、よくわからなくなることってありますよね。

先日お越しになられた方からも同じような言葉を聞きました。
「『求人情報をみつけて、応募書類を書く。』これの繰り返しになっている。」

しかも、「面接に呼ばれるならまだしも、面接に行く機会もほとんどない。」とのことです。

「経験を活かしたい」とおっしゃいましたが、求められる専門能力(スキル)が自分の経験で得た専門能力を上回っているとのことでした。

このことは面接を受けた時に先方から言われたそうです。

「でも、自分には経験しかウリにすることがないので、採用してくれる企業を探し続けることしかできない。」と続けられました。

そうしているうちに、前に進んでいるのかがわからなくなったというわけです。

さてここで考えるのは、一口に「経験」と言っても、いろいろな経験があるということです。

企業の方は、専門能力(スキル)だけで採用の判断をしているわけではありません。専門能力(スキル)も大切ですが、「(現在いる)職場の方とうまくやっていけるか=社内コミュニケーション」「お客様に失礼にならないか=社外コミュニケーション」「トラブルや不測の事態が起こった時にどんな対処ができるか」「素直さ、勤勉さ、自発性を持ち合わせているか」といったことも、採用する時には非常に重要な要素となります。

専門能力(スキル)だけで判断するのであれば、テストの点数が高い人から採用すれば良いのです。

その専門能力(スキル)以外の部分で自分をアピールすることもできるのではないかと思います。

求められる専門能力(スキル)が自分より上回っているのであれば、専門能力(スキル)を向上するしか方法はないのかもしれませんが、方向転換をしてみることで、違ったアピールができるとも考えられます。

そのようなお話しをして、今までの経験をもう一度ふりかえってみることになりました。

この方は、面接で自分の専門能力(スキル)と求められる専門能力(スキル)の差異に気付くことができました。
着実に前に進んでいるのではないでしょうか。

前に進んでいるから悩む。前に進んでいるから不安になる。前に進んでいるから壁にぶち当たる。前に進んでいるから失敗する。

前に進めば必ず良い未来が待っているとは限らないですが、次に進む力を得ることができると思います。
(相談員M)

西宮市しごと相談室では、自分を“伝える”模擬面接など、様々なサポートを行っています。
ぜひご活用ください。


Share (facebook)