あなたの就活を全力サポート!西宮市しごと相談室!
はたらく携帯ネット
[#]メニューヘ

はたらくノウハウ
◆計画を立てよう

<計画づくりはPDCAサイクルの第一歩>

「一年の計は元旦にあり」

年初に計画を立てる方も多いのではないでしょうか。計画を立てても「うまくいかなかった…」という場合もあるでしょうが…。

今回は、計画作りについてお伝えしたいと思います。

「前進あるのみ」「目の前のことをこなす」もいいですが、再びの失敗は避けたいものです。そこで、まずは「反省」からじはじめます。振り返り、検証することで、失敗の要因が見えてきます。失敗したことを臭いものにフタをするようにしてしまいたい気持ちはわかりますが、それを活かして、しっかりした「計画」を立ててみましょう。一度立てた計画は適宜修正をして、目標達成により近づけることになります。

計画といっても、どれくらいのスパン(期間)を想定して策定するかによってもいろいろです。

1年間、6ヵ月、3ヵ月、1ヵ月、2週間、1週間、3日、1日、6時間、1時間…

1年間というと漠然とした計画になり、抽象的な内容となるのではないでしょうか。計画というより目標といった方が近い感じがします。
逆により期間が短いほど、具体的になってきます。

今から1時間の計画を立てるとなると、詳細なことまで想定した計画の作成が可能です。

その1時間を6つ積み重ねると6時間になり、6時間を4つ積み重ねると1日になります。

「計画が思い通りに進まない」という方は細分化をして、積み上げていくことで、よりリアリティのある計画を立てることができます。

冒頭に計画を立てる前に「反省」からとお伝えしましたが、計画づくりにも根拠が必要です。根拠となるのが「反省」です。

過去にできなかったこと、達成できなかったことの要因を探り出し、要因を取り除くための方法を計画に盛り込んでいきます。

計画は「何を?」「いつまでに?」「どのようにして?」「どうなりたいか?」を作っていくものです。

まずは、年始の段階での計画を作ってみてはいかがでしょうか?

その時は書き出すことが大事です。頭の中で考えてもいいですし、人と話しながら考えるでもいいです。

書き出した計画は、常に目の届くところに置いておき、適宜修正を加えます。修正するにも根拠が明確でないと、修正になりませんので、ご注意ください。

西宮市しごと相談室では、就職活動の計画づくりのお手伝いをしますので、ぜひお気軽にご利用ください。

←前のノウハウへ/次のノウハウへ→

→相談室でできること
→相談室へのアクセス
←ノウハウ一覧へ

[*]▲ページTOPへ


▽メニュー▽
[0]TOP
[1]ニュース
[2]サービスメニュー
[3]アクセス
[4]はたらくノウハウ
[5]就職決定者のハナシ
[6]サイトポリシー
[7]問合せ

[*]▲ページTOPへ


Copyright (C)西宮市しごと相談室,All Rights Reserved.