あなたの就活を全力サポート!西宮市しごと相談室!
はたらく携帯ネット
[#]メニューヘ

はたらくノウハウ
◆新しいものを作るのではなく自分の中から見つけるのです

<答えは自分の中にある>
「自己PRが見つからない…」就職活動をしていて、そんな思いをした経験はないですか?

「人よりも誇れるものがない」「資格を持っていない」「経験がない」…
だから「自己PRのネタがない」という流れになるだと思います。

ここでとある洋菓子職人の話を紹介します。

=====
とある洋菓子職人は洋菓子の大会への出場が決まりました。そこでは自分の専門であるチーズケーキを活かした洋菓子を作ることになります。

そこで、斬新さや独自性などを表現したいと考え、洋菓子だけではなく、様々な料理を調べ、「新しいもの」を作る準備に取り掛かります。

思考錯誤の上、試作品が完成しました。さっそく、友人や仲の良い洋菓子職人を呼んで、試食してもらいます。

皆が食べ終わり、期待をしながら感想を待ちます。

「なんか違う…」
「味のバランスがよくない…」
「見た目は華やかだけど、奥深さが無い…」

予想に反して、良い評価を得ることができませんでした。

洋菓子職人は考えます。
「なぜ受け入れられないのか…」
「今までやってきたことは何だったんだ…」

ここで1つのことに気づきます。

「普段作っているのチーズケーキは受け入れられている」

そしてある行動に出ます。
自分の店の周辺にある洋菓子店へ出向き、ケーキをとにかく食べまくるのです。

そして「新しいものを作るのは無理。忘れてた表現や感覚、視点を思い出した。今まで苦労して築き上げてきたものを活かすことしかできない。」という気持ちに行きつきます。

大会当日。洋菓子職人は、自分が大切にしていた思いを詰め込んだケーキを作り、見事優勝します。
=====

さて、このことは就職活動でも同じことが言えるのではないかと思います。自己PRや長所を新しく作ることは難しいです。もちろん時間と労力を費やせば資格を取得したり、経験を積んだりすることはできます。しかし、新しく取得した要素はやっぱり自分のモノにはなっていないことも多いです。

ならば、今まで培った「何か」を思い出すしか方法はないのではないでしょうか。そして、それを素直に率直に相手が求める形で表現することが大切です。

その掘り起こしができるような就活応援したいと考えています。

←前のノウハウへ/次のノウハウへ→

→相談室でできること
→相談室へのアクセス
←ノウハウ一覧へ

[*]▲ページTOPへ


▽メニュー▽
[0]TOP
[1]ニュース
[2]サービスメニュー
[3]アクセス
[4]はたらくノウハウ
[5]就職決定者のハナシ
[6]サイトポリシー
[7]問合せ

[*]▲ページTOPへ


Copyright (C)西宮市しごと相談室,All Rights Reserved.