あなたの就活を全力サポート!西宮市しごと相談室!
はたらく携帯ネット
[#]メニューヘ

はたらくノウハウ
◆【フレームワーク就活術】自分に合う企業かどうかがわからない時

<困った時のフレームワーク>
YES-NO/好き-嫌い/良いところ-悪いところ/できること-できないこと/したいこと-したくないこと/賛成-反対/行く-行かない…
このように相反している2つの項目について整理する方法を就職活動に活用します。

≪求人企業と自分を見比べる≫
突然ですが、求人情報を見つけた時にどんな整理をしていますか?

求人情報を手に入れたら、まずは以下の問いかけをしてみましょう。
【自分にとって求人企業に入社することについてのメリット(良い点)・デメリット(悪い点)は?】

(1)紙を一枚用意して、真ん中に縦に線を引きます。
(2)線を引いた左に【メリット】右に【デメリット】と書きます。
(3)メリット、デメリットについて意見を書いていきます。

○メリット(良い点)の例
・自分の●●な経験や▲▲の資格が活かせる
・家から近い場所にある

○デメリット(悪い点)の例
・希望する給与の額より低い
・前職の業界と違うから覚えなければならないことが多い

次に【求人企業が自分を採用するメリット(良い点)・デメリット(悪い点)は?】という問いかけをします。

同じく、紙を一枚用意して、真ん中に線を引き、左右に【メリット】【デメリット】のタイトルをつけ、書き込んでいきます。

○メリット(良い点)の例
・即戦力として期待できる
・通勤手当が安価で済む

○デメリット(悪い点)の例
・前職での給与額と差があるので、モチベーションが上がるか不安
・新たな知識を覚えるのにどのくらいの期間がかかるか不安

このようにして、一つの求人情報に対して、【自分→企業の目線】と【企業→自分の目線】の二つの目線で見ることができます。
メリット(良い点)が多ければ多いほど、自分も企業も適している、いわゆるwin-winの関係であると言えます。

デメリット(悪い点)に関しては、改善点と置き換えることができます。
足りないところを補うことや条件設定を変更する点が明確になります。そして、お互いがwin-winの関係になるようにするための次の行動が見えてきます。

これを複数の求人情報に対して行います。
メリット(良い点)が多い求人情報が比較的優先順位が高く、採用の可能性が高くなると考えられます。

メリット(良い点)が多い順に並べると「自分と合っている求人情報」が上位に位置することになります。

また、このメリット(良い点)は志望動機にも活用できます。

求人情報を手に入れたら、まずは、この作業を行うと整理がしやすくなります。
ここでのポイントは求人情報を選びすぎないこと。
検索の時点で選びすぎてしまうと、結局「自分に合う求人が無い」となり、検証ができなくなります。

このような作業は一人で行っても良いですが、一人では心もとないと感じた場合は、西宮市しごと相談室のスタッフと一緒に行うこともできます。

←前のノウハウへ/次のノウハウへ→

→相談室でできること
→相談室へのアクセス
←ノウハウ一覧へ

[*]▲ページTOPへ


▽メニュー▽
[0]TOP
[1]ニュース
[2]サービスメニュー
[3]アクセス
[4]はたらくノウハウ
[5]就職決定者のハナシ
[6]サイトポリシー
[7]問合せ

[*]▲ページTOPへ


Copyright (C)西宮市しごと相談室,All Rights Reserved.