あなたの就活を全力サポート!西宮市しごと相談室!
はたらく携帯ネット
[#]メニューヘ

はたらくノウハウ
◆面接に向けた「2つ」の準備

<「伝えたい内容」と「良好な人間関係」>
面接で「自分」を伝えるには、まず自分の長所、趣味、将来の自分の姿といった「伝えたい内容」を準備します。自分が「企業が求める人物像に近い」ということを伝え、入社後自分が活躍しているイメージをもってもらうことが大切になります。

面接は、面接官との「コミュニケーション」であり、応募書類のように「伝えたい内容」を一方的に伝えることはできません。面接官と「良好な人間関係」を築くことは、面接官に「積極的に聞く気持ち」になってもらうために、とても大切なことです。

<「伝えたい内容」を正しく伝えるために>
「応募先の企業や職種を詳しく知ること(企業研究・職種研究)」「自分の経験などを振り返ること(自己分析)」といった『伝えたい内容の準備』だけでなく、口角・目・あご・柔らかい視線などをポイントに表情筋のトレーニングをしたり、感謝・奉仕・反省・素直・謙虚を心がけたりといった「面接の場の空気を作りうまく伝わる環境を準備」をすることが大切です。

面接官に好意を持ってもらい、「積極的に聞く意識を持ってもらう」ことは、リラックスして面接に臨むことができるだけでなく、準備した「伝えたい内容」を正しく伝えるために大切なのではないでしょうか。

←前のノウハウへ/次のノウハウへ→

→相談室でできること
→相談室へのアクセス
←ノウハウ一覧へ

[*]▲ページTOPへ


▽メニュー▽
[0]TOP
[1]ニュース
[2]サービスメニュー
[3]アクセス
[4]はたらくノウハウ
[5]就職決定者のハナシ
[6]サイトポリシー
[7]問合せ

[*]▲ページTOPへ


Copyright (C)西宮市しごと相談室,All Rights Reserved.