あなたの就活を全力サポート!西宮市しごと相談室!
はたらく携帯ネット
[#]メニューヘ

就職決定者のハナシ
Tさん 20代女性(新卒)グループホーム運営・管理会社に正社員として就職決定!

「Tさんの成功のポイント」
  ▼▽▼
自分から足を動かして行動することがとても大切だと身に染みて感じました。自信を持って前向きに進んでいって下さい。大丈夫です。

//


「Tさん就職決定のハナシ」
  ▽▼▽
Tさんは、大学4回生。就職活動をはじめてから3ヶ月が過ぎた頃、模擬面接を受けるために西宮市しごと相談室を初めてご利用いただきました。


<イメージと現実のギャップ>
就職活動当初、Tさんの希望職種は、営業職でした。友人から、福祉の仕事が向いているのではないかと言われており、実際に福祉系の企業から内定が出ていました。しかし、営業をしたいという気持ちが強く営業職の求人に応募を続けることになります。それはなぜかと言うと、動きまわり自分から出向いて行くという営業のイメージに魅力を感じていたからです。
しかし、就職活動を続けるうちに、2つのことに気付きます。それは、「営業はあくまでも物やサービスを売ることであり、ただ“いい人”なだけでは適さない。」ということ。そして、自分は「人と接することでその人にとってプラスになるような提案をすることを主眼に働きたい」という気持ちが強いということです。

<発想の転換>
外に出て動き回り、たくさんの人と接する仕事がしたいという希望は、営業職でなくても、グループホームなどの施設の中でも叶えられることだと思うようになります。そして営業職よりも福祉関係の仕事の方が、一人の利用者さんや職員の人と長い時間をかけて、少しでもその人のために何かできるという点で、自分のやりたいことにより近いと感じます。そう考えるようになったのは、実際の職場へ何度も見学に行ったり、たくさんの人に相談するなど自ら動き回ったことがきっかけだったそうです。
最終的には、当初から内定が出ていた企業に入社することを決めました。

<模擬面接を最大限に活用>
模擬面接の様子は、動画での撮影を行い、毎回、後で振り返るようにしました。良かった点と反省点の両方を出してから、改善策について考えていきました。そして改善策は、効果の高そうなもので、すぐに実行できることから順番に挙げていきました。そうすることで本番の面接に自信と余裕を持って挑むことに繋がったのです。

気付いた事や新しく分かったことがたくさんあり、就職活動が楽しかったとおっしゃっていたTさん。
今回採用が決まったところは、この企業を超えることはないという程入社意欲が固まった企業です。そんな企業で、「利用者の方々のため、そして自分を採用してくれた人事担当者のために頑張って働いていく!」。
そう、今後の意気込みを笑顔で話してくださいました。

就職活動期間:平成23年12月〜平成24年6月(6ヶ月間)
エントリー数:約170社 内、書類選考通過:約10社

←前の就職決定者へ/次の就職決定者へ→

→相談室でできること
→相談室へのアクセス

[*]▲ページTOPへ


▽メニュー▽
[0]TOP
[1]ニュース
[2]サービスメニュー
[3]アクセス
[4]はたらくノウハウ
[5]就職決定者のハナシ
[6]サイトポリシー
[7]問合せ

[*]▲ページTOPへ


Copyright (C)西宮市しごと相談室,All Rights Reserved.