あなたの就活を全力サポート!西宮市しごと相談室!
はたらく携帯ネット
[#]メニューヘ

就職決定者のハナシ
◆Sさん 30代男性 製造加工メーカーに営業職として就職決定!

「Sさんの成功のポイント」
  ▼▽▼
気分的に落ち込んだり、周りの目が気になったり、自分自身に自信が無くなることもあるかもしれません。
ですが、自分の活かせる場はどこかに必ずあります。
うまく気分転換しながら取り組めば、いい結果がついてくると思いますのでお互い頑張りましょう。

//


「Sさん就職決定のハナシ」
  ▽▼▽
営業の仕事をしているSさん。歩合制ということもあり、より安定している正社員を目指し、就職活動を始めました。自分の経歴やスキルなどをどう伝えればいいかを明確にするため西宮市しごと相談室のチラシを手に来室することになりました。

<応募書類を工夫することによって…>
まずは第一段階の書類選考を通過することをめざしました。職務経歴書への記載内容が薄く、Sさんを表現するには情報量が少なかったため、エピソードなどの具体的な情報量を増やすことにしました。また、レイアウトもより見やすくなるように改善していきました。
内容を濃くするために、インターネットや書籍などを参考にすることはもちろんですが、当相談室でじっくり経歴を振り返ることに時間を割きました。特に効果を感じたのは実績等の数字を載せることです。
面接の際には、前職の実績を説明する時間が短縮でき、志望動機や自分が求められる人材であることの説明に時間を充てることができました。
その結果として、企業から具体的な仕事内容の説明を聞くことができ、採用された後のイメージをしっかり掴むことができ、二次、三次選考には心に余裕を持って臨むことができました。

<負のスパイラルを体験して…>
Sさんは、就職活動の中で次のようなスパイラルを経験しました。
「条件を絞り込んで応募する」→「不採用が数社続く」→「冷静さを失う」→「手当たり次第に応募するようになる」→「1社1社について深く調べることができない」→「志望動機や自己PRがあいまいなまま面接をうける」→「相手にはそれが伝わる」→「不採用となる」→「さらに落ち込み、さらに焦る」…このスパイラルの結果、どこでもいいから就職したいと考えるようになりました。
進めていくうちに数社の内定を獲得したのですが、内定を辞退する状況に陥っていました。採用後のことをしっかり考えることなく、応募を繰り返していたのが原因でした。そこで、冷静さを取り戻し、採用後のイメージを持って就職活動を行うようになりました。

<今後の意気込み>
後日、笑顔で採用の報告に来ていただきました。もちろん、採用後のイメージを持った就職活動の結果としてです。そして「就職がゴールではなく、その会社で自分が活き活き働くことが目的なので、今後必死に新しい仕事に取り組み、貢献し、自分の能力を活かしていきたい。」と語っていただきました。

また、「(当相談室で)相談することで就職活動の現状やこれからの進め方をじっくり考えることができた。」「セミナーの際、他の参加者と話すことで刺激をもらい、気分転換にもなった。」とのお言葉も頂戴しました。

Sさんが活き活きと仕事に取り組み、充実した日々を送れるようスタッフ一同願っております。

←前の就職決定者へ/次の就職決定者へ→

→相談室でできること
→相談室へのアクセス

[*]▲ページTOPへ


▽メニュー▽
[0]TOP
[1]ニュース
[2]サービスメニュー
[3]アクセス
[4]はたらくノウハウ
[5]就職決定者のハナシ
[6]サイトポリシー
[7]問合せ

[*]▲ページTOPへ


Copyright (C)西宮市しごと相談室,All Rights Reserved.