あなたの就活を全力サポート!西宮市しごと相談室!
はたらく携帯ネット
[#]メニューヘ

就職決定者のハナシ
◆Iさん 20代 男性 地方公務員(県庁) 行政職に就職決定!

「Iさんの成功のポイント」
  ▼▽▼
公務員は活動時期が一般企業よりも長いので周りと自分を比べてしまうこともあるとは思いますが、自分のペースでじっくり活動して下さい。
//


「Iさん就職決定のハナシ」
  ▽▼▽
“思い出が詰まった地元に貢献したい”という思いから公務員を志望していた大学生のIさん。公務員試験に向けた対策をしていたある日、所属している部活動の仲間から西宮市しごと相談室を利用した話を聞きました。できるだけ多くの人から意見を聞く姿勢で公務員試験対策に臨んでいたIさんは、当相談室にも早速予約の電話をいれることに…。

<多くの人の意見を聞く>
自己分析の際、自分の中で完結するのでなく、大学のキャリアセンターや同じく公務員を目指す友人等、他人の目線でも必ず確かめるようにしていました。それは、自分が思う長所と他人から評価される長所が違うことがあったからです。その結果、多くの人に意見を求めて、より自分のことを正確に伝えることを心がけていました。また、それまではアピールすることが小中高学校時代のことが中心になっていましたが、より現在に近いエピソードの方が求められていることなど、相手が知りたい情報を考えることの重要性も分かってきました。

<模擬面接の動画撮影をフル活用>
模擬面接を繰り返し行い、毎回撮影した動画を見て、振り返りました。弱点・課題を見つけ、改善するポイントを明確にするためです。いろいろアピールしようして、全体的な印象が薄まることを避けるため、「伝えるテーマ」を決めて臨むことにしました。焦点を絞ることでより具体的な内容となり、確実に改善の兆しが見受けられました。
また、模擬面接以外の相談では、なぜ公務員を目指すのか、公務員に求められる事に合う自分の強みは何かを洗い出していきました。今までは、経験したことの表面上の部分を並べているだけでしたが、「自分だからこそできること」を具体的に表現し、アピールポイントを固めていきました。

<いざ面接の本番!>
面接の控室で知人と同席だったので少し落ち着いて面接の部屋へと入ることが出来たそうです。いざ面接が始まると、あまり準備をしていなかった部活動のことで話が膨らみ、準備していたことはあまり伝えることはできませんでした。その点で少し残念でしたが、しっかり準備したことが心の余裕を生んで冷静に回答できたのではないでしょうか。

後日、ホッとした様子で報告に来てくれました。「これから仕事が始まる来年の春まで採用が決まった県内をできるだけ周り、現状をできるだけ掴み、やりがいに繋げていきたい。そして熱心に仕事に取り組み住民の方にも満足してもらえ、かつ自分も楽しくできるような仕事をしていきたいです。」と最後に意気込みを語っていただきました。

いきいきと仕事をし、思い出の詰まった地元に貢献されていることをスタッフ一同願っております。

←前の就職決定者へ/次の就職決定者へ→

→相談室でできること
→相談室へのアクセス

[*]▲ページTOPへ


▽メニュー▽
[0]TOP
[1]ニュース
[2]サービスメニュー
[3]アクセス
[4]はたらくノウハウ
[5]就職決定者のハナシ
[6]サイトポリシー
[7]問合せ

[*]▲ページTOPへ


Copyright (C)西宮市しごと相談室,All Rights Reserved.