あなたの就活を全力サポート!西宮市しごと相談室!
はたらく携帯ネット
[#]メニューヘ

就職決定者のハナシ
◆Tさん(仮名)20代男性 芸能プロダクション会社にマネージャーとして就職決定!

「Tさんの成功のポイント」
  ▼▽▼
企業のHPに載っている所属タレントの名前を計100名以上覚えることで、強みである記憶力の裏付けを行ったこと。実際に面接で一部発表し、やる気をアピールできた感触を得ました。
//


「Tさん就職決定のハナシ」
  ▽▼▽
前職を辞め、アルバイトをしながら、東日本大震災の被災地に何度もボランティアに行くという生活を送っていたTさん。就職活動に本腰を入れ始めたのは、2012年3月頃からです。最初は自己分析から行い、次第に「人の笑顔に立ち会える職場で働きたい」との想いから、ウェディングプランナーや芸能プロダクションのマネージャーに興味をもつようになりました。

<多くの意見に耳を傾ける>
被災地ボランティアでは聞き役に徹する事を一番に心がけ、感謝の言葉も多く頂いたことからも、西宮市しごと相談室だけでなく、ハローワークや他の就職支援機関など、できるだけ多くの人の意見を聞く姿勢で就職活動に臨みました。

<自分自身と真剣に向き合う>
応募書類の志望動機、自己PRのところで、自分では上手く書けたと思う文章でも、ありがちな言葉だったり、本気さが伝わってこなかったりと、本当に働きたいと思っているのに、伝わらないジレンマに陥ってしまいました。しかし、相談を行うなど、多くの人と意見交換を繰り返すことで、自分自身について、そして仕事についてより真剣に向き合うことができるようになり、深い言葉で説明できるようなりました。

<面接の対策・振り返りが重要>
模擬面接を受けることで、芸能界の深い部分まで考慮する視点が生まれ、自分が目指す業界・企業についてさらに深くイメージするようになりました。また、面接の際には、そこで自分が働いている姿を想像できるかをポイントに臨みました。そして、面接後には西宮市しごと相談室で、面接の内容を一つひとつ確認し、「回答は適切だったのか」「自分の考えが詰められていなかった部分はどこなのか」などを振り返り、次回の面接や就職活動に活かしていきました。これらの対策・振り返りを徹底することで、より納得のいく就職活動ができたのではないでしょうか。

入社後は、タレントと共に壁を乗り越え、成功を一番近くで共感できるマネージャーになることを願っています。

←前の就職決定者へ/次の就職決定者へ→

→相談室でできること
→相談室へのアクセス

[*]▲ページTOPへ


▽メニュー▽
[0]TOP
[1]ニュース
[2]サービスメニュー
[3]アクセス
[4]はたらくノウハウ
[5]就職決定者のハナシ
[6]サイトポリシー
[7]問合せ

[*]▲ページTOPへ


Copyright (C)西宮市しごと相談室,All Rights Reserved.