あなたの就活を全力サポート!西宮市しごと相談室!
はたらく携帯ネット
[#]メニューヘ

就職決定者のハナシ
◆Mさん(仮名)20代男性 ホテル内パン工場での製造補助業務に就職決定!

//


「Mさん就職決定のハナシ」
  ▽▼▽
高校卒業後、食品会社に就職されたが短期で離職、子どもの頃からの夢である鉄道(乗り物)関連の仕事に何度かエントリーするも叶いませんでした。そこで、職業訓練を6ヶ月間受講され、「嫌なことから逃げない精神力」を身につけ、今できる事から始めようと西宮市しごと相談室に来室されました。

<今できる事は何かを探る>
やりたい仕事として鉄道(乗り物)関係に固執していましたが、応募するごとに挫折を味わうことになり、このまま続けても叶わぬ夢と断念しました。自分が今出来る事は何なのか…。当相談室も含め、周囲にも意見を求めた結果、経験のある「食品製造」関連での就職を希望するに至りました。方向転換して1ヶ月を経たずして採用に至りました。

<求職活動での「志望動機」「自己PR」で伝わる事の意義を知る>
就職活動をスタートして一番時間を割いたことは、応募書類の作成です。志望動機や自己PRをどのように書けば良いのかが苦労した点でした。 今回の求人に応募直前、当相談室が開催した「読みたくなる自己PRセミナー」を受講し、難しく考えていた「自己PR」を書く上での大きなヒントを得たことで、「伝える」表現から「伝わる」事がいかに大事なのかを認識することとなりました。

<就職決定と仕事への取り組み意欲を持ち続けたい>
採用が決定した際にMさんは「非常に「うれしい気持ち」「頑張るぞ!の気持ち」の半面、不安もありますが、単なる「パン作りの補助」に甘んじるのではなく、パン作りの知識を習得し身につけたい。」とおっしゃっていました。

また「ホテル内の工場でもあり、パンを食される人は、国内外の宿泊客や、ブライダルなどの席の多くの人たちに食されることを想像すると、単なるパン作りの補助ではないと捉えています。楽しく働きながら新たな自分の可能性を見つけたいと思っています。」と力強く宣言をしていました。直接的にお客さまと接する職場ではないですが、きっとパン作りを通じて、多くの人を笑顔にすることになるでしょう。

←前の就職決定者へ/次の就職決定者へ→

→相談室でできること
→相談室へのアクセス

[*]▲ページTOPへ


▽メニュー▽
[0]TOP
[1]ニュース
[2]サービスメニュー
[3]アクセス
[4]はたらくノウハウ
[5]就職決定者のハナシ
[6]サイトポリシー
[7]問合せ

[*]▲ページTOPへ


Copyright (C)西宮市しごと相談室,All Rights Reserved.