就職・転職のお悩み・応募書類の書き方・模擬面接・お仕事探し あなたの就職活動を全力応援・西宮市しごと相談室へ!

 TOP >はたらく「ノウハウ」 >限られた枠の方がある意味よい

創意工夫をするほど成果は上がる

自分の希望が100%叶う職場を探すことは難しいことです。
また、入社前に希望が100%叶うと思っていたとしても、いざ仕事を始めてみると「思っていたのと違った」と思うことも多いです。

思っていたのと違ったから転職する…

こうなると理想郷を求めているようにも見えます。

現実社会では、良いこともあれば悪いこともあることが多いですし、人によって良いこと、悪いことの捉え方も違います。見る人によって真逆の評価が下されることもあります。

もちろん就職活動を行う時に、期待に胸を膨らませることは必要ですが、期待と同時に苦しい部分やしんどい部分も想定する必要があります。

期待値を上げ過ぎると、イヤな面が目立ってしまうからです。
それも些細なことで。

また自分の希望が100%叶わない状況の方が努力をしたり、工夫をしたりするものではないでしょうか。

昔、小学校時代にあった遠足のお菓子を買う場面と通じるものがあります。

「いくらでも好きなもの買ってもいいよ」と言われたら、好きなものを何も考えずに買うでしょう。

逆に「お菓子は200円まで」と決められた場合は、「いかに自分の好きなお菓子を限度額いっぱいで数多く買うか」を考えすぎるくらい考えていませんでしたか?時には「バナナはお菓子になるのか?」と違う視点を導入したりして…。

このように限られた枠がある方が、創意工夫をします。
工夫をした成果が遠足でクラスメイトに自慢できることにつながったり、お菓子の味を堪能したりできるのではないでしょうか。

就職活動や実際に働く場合でも同じことが言えて、創意工夫をする方が成果が高い場合が多いです。

あえて創意工夫をすることを思い浮かべてみると、考え方に変化が見られるかもしれません。

限られた枠があるほど、考えやすいという側面もあると思いますので、発想の転換をしてみてはいかがでしょうか。

西宮市しごと相談室では、自分を“伝える”模擬面接など、様々なサポートを行っています。
ぜひご活用ください。


Share (facebook)