就職・転職のお悩み・応募書類の書き方・模擬面接・お仕事探し あなたの就職活動を全力応援・西宮市しごと相談室へ!

 TOP >はたらく「ノウハウ」 >文章を簡潔にわかりやすくするための方法

スッキリ文章のススメ

就職活動やビジネスシーンでは無駄なくスッキリした文章で要件を伝えることが必要です。

ということで、簡潔にわかりやすい文章を書くために押さえておきたいポイントをいくつかまとめました。
ぜひ一度、応募書類などを見直す際に下記のポイントをチェックしてみてください。

@「とても」「たくさん」「ゆっくり」「だんだん」などの副詞は使わない。
・副詞はあいまいさを増加させます。
・削除できるものは削除しましょう。
・また、具体的な数値に置き換えることであいまいさを無くすことができます。

A一文で長く書かない
・日本語は、「何がどうする」の「どうする」にあたる述語が最後にきます。
・一文が長いとなかなか述語にたどりつかないので、わかりずらくなります。
・対策としては、早めに句点(くてん)「。」を打つこと、無駄な言葉を削除すること、言い方を変えること、順番を変えることなどがあります。

B主語と述語は近くに置く
・日本語には、主語を必ず最初に書かなければならないとルールはありません。
・分かりずらい文章だなと思ったときは、主語と述語の位置を確認下さい。

C似たような意味の削る
・強調したい思いから、似たような文を繰り返し書いてしまっていることがあります。
・こういった場合、思い切って削除し、空いたスペースに裏づけとなるエピソードなどを補足しましょう。

D読点「、」の少ない文を心がける
・読点(とうてん)は文章の意味の切れ目をはっきりさせる目的で使われます。
・「彼は、・・・」のように主語のあとに打つという大まかなルールはあるそうですが、厳密なルールではないようです。
・読点の位置によって意味が変わる文章は避け、読点をうたなくても意味が通じる文を心がけましょう。

例:× 彼は新聞を読みながら携帯で話しているサラリーマンを見た。
  ○ 新聞を読みながら携帯で話しているサラリーマンを彼は見た。

これらの他にも気を付けるポイントはまだまだあります。
一度、書籍やインターネットで調べてみてはいかがでしょうか。

西宮市しごと相談室では、自分を“伝える”模擬面接など、様々なサポートを行っています。
ぜひご活用ください。


Share (facebook)