就職・転職のお悩み・応募書類の書き方・模擬面接・お仕事探し あなたの就職活動を全力応援・西宮市しごと相談室へ!

 TOP >はたらく「ノウハウ」 >「そんなの朝飯前だよ」っていつのこと?

人の評価軸は江戸時代から変わらない

「そんなの朝飯前だよ!」。簡単にできることを、このような言い方をする場合があります。「朝飯前」という言葉は江戸時代からあったそうです。江戸時代の「朝飯前」の意味合いは現代とは少し違ったようです。

江戸の庶民の「朝飯前」は、文字通り朝ご飯を食べる前にする「働き」のことだそうです。向こう三軒両隣に声をかけ、母子家庭や父子家庭、独居高齢者の暮らしに困ったことが起きていないか様子を見て、世話をすることが主な内容です。それも無報酬で行っていたようです。

「朝飯前」という言葉の他に、「昼飯前」「昼飯後」という言葉があったようです。

「昼飯前」は、本業で働き、生活のためにお金を稼ぐことに充てる時間のことです。

「昼飯後」は、人のため、街のために「傍(はた)を楽(らく)にする」公共的な働き(今でのボランティアに近い概念)に精を出していたそうです。

このことからも江戸っ子は1日のうち3〜4時間しか働いていないことになります。現代とは大違いですね。

夕方からは、レクリエーションでリフレッシュして、明日も元気で働くために備えるための時間だったそうです。明日に備えるということで「明日備(あすび)」といい、「あそび」に引っかけて使っていたようです。

よく働きよく遊びストレスをためない暮らしをしていたようですね。そして人の評価は、「昼飯後」の「傍(はた)を楽(らく)にする」働きで決まっていたようです。その評価軸は現在でも通じているようにも思えます。

西宮市しごと相談室では、自分を“伝える”模擬面接など、様々なサポートを行っています。
ぜひご活用ください。


Share (facebook)