就職・転職のお悩み・応募書類の書き方・模擬面接・お仕事探し あなたの就職活動を全力応援・西宮市しごと相談室へ!

 TOP >はたらく「ノウハウ」 >企業の求める「即戦力」とは?

「経験」ではなく「応用力」

「経験」は「即戦力」につながらない

特に中途採用の場合、企業の求める人物像として「即戦力」であること  が求められます。 求職者も経験した職種に応募する時に使うことが多い言葉かも知れません。では、この「即戦力」とは、具体的にどのようなことを意味するのでしょうか?

一般的に「即戦力」とは、応募先に入社後、教育・訓練などを行わず業務を行うことができることを言いますが、職場・企業が変わればそれまでの知識や経験が100%活かせるとは限りません。たとえば「経理事務」と一口に言っても、入社後に行う業務は、企業ごとに様々であり、企業の扱う商品や売上金額はもちろん、取引先や職場の環境も違う訳ですから、同じ「経理事務」でも、具体的な業務の内容は企業ごとにそれぞれ違います

「応用力」を伝えましょう

実務経験のあるなしにかかわらず、「即戦力」を求める求人に応募する時、伝えるべきなのは「経験」ではなく「応用力」です。
同じ職種でも具体的な業務内容は企業により様々なので、単にその職種の「経験」があるというだけでは、応募先企業の業務がこなせるという理由になりません。応募先の業務内容を詳しく・具体的に知ることで、企業の求めるスキル・人物像と自分の経験との「重なり」や「近さ」を伝えることができます。

たとえば…

    ・前職の経理事務で担当した「仕訳伝票」の業務の仕事の経験が今回の求人の「金銭出納帳」の業務に活かせる…
    ・前職の新規顧客開拓営業で身に付けた「初対面の人とのコミュニケーションの取り方」は、「接客業」に活かすことができる…

など、応募求人で活躍するのに、自分のどのような経験を活かすことができるか?を企業に伝える(イメージさせる)ことが大切なのではないでしょうか?

より広い対象から求人を探しましょう

新卒・未経験職種への応募でも、「応用力」があると伝えることで、自分は「即戦力」として活躍できることをアピールすることができます。もちろん「なぜ応用力があると言えるのか」は、企業が納得できる形で伝えることが必要ですが、「応用力」を伝え、未経験職種を含めたより広い対象から求人を探すのも良いのではないでしょうか。

西宮市しごと相談室では、お仕事探しの様々なお手伝いをしています。
その他の「ノウハウ」も、ぜひご覧ください。



Share (facebook)