就職・転職のお悩み・応募書類の書き方・模擬面接・お仕事探し あなたの就職活動を全力応援・西宮市しごと相談室へ!

 TOP >はたらく「ノウハウ」 >未経験の求人にアプローチする時のポイント

まずは応募する職場で働くイメージを高めましょう

求人に応募しようと思っているが、未経験の業種・職種なので応募を躊躇してしまう…という方は少なからずいらっしゃると思います。そこで、未経験の求人にアプローチし、就職を目指すポイントをいくつかご紹介します。

これまでに培った能力をアピールする

たとえ応募先での仕事が未経験でも、前職で培ってきたスキルを活かすことができるのなら企業はそこを評価するでしょう。その際、これまで培ってきたスキルをどのように活かし、どのように企業に貢献するかを、採用担当者が具体的にイメージできるように自己PRする必要があります。特に社会人経験が長い人の場合、この自己PRが最重要だと思います。

「熱意」をアピール。
そこであなたの「伸びしろ」を感じさせる

社会人経験が少なく、アピールできるスキルや実績がない…そんな場合はまず、「熱意」をアピールしていきましょう。それを踏まえて、「なぜ、その会社に入りたいのか」「その会社に入って何がしたいのか」などを明確に、これからのビジョンを企業に伝えて下さい。採用担当者が「入社後、企業に貢献してくれる人物になるかどうか」を判断する上で「やる気」や「熱意」は重要なポイントです。未経験者に関わらず、この「熱意」は採用選考でアピールして欲しいと思います。

アルバイトや契約社員などで経験を積み、
非正規雇用から正社員(正規雇用)を目指す

即戦力が求められる昨今、経験者優遇の求人に対し、未経験者は不利だという現実は否定できません。特に、クリエイティブな業界の中途採用では、実務経験が求められることが多いです。そこで、アルバイトなどで実務経験を積み、正社員枠(実務経験○年以上優遇という求人)での求人にアプローチするという方法を検討してみてはいかがでしょうか?こうすることでより採用の可能性を広げる事ができます。 未経験の場合、正社員登用が厳しくともアルバイトなど非正規雇用なら採用されやすい事があるので、まずはきっかけ作りから始める、というのも一つのやり方だと思います。

アルバイトや契約社員などで経験を積み、非正規雇用から正社員(正規雇用)を目指す


まずは応募する職場で働くイメージを高めましょう。そして、応募を検討している企業についても調べ、その職場で働くことができるのかどうかを考えてみましょう。西宮市しごと相談室ではそのサポートも行いますので、是非ご利用ください。



Share (facebook)