就職・転職のお悩み・応募書類の書き方・模擬面接・お仕事探し あなたの就職活動を全力応援・西宮市しごと相談室へ!

 TOP >はたらく「ノウハウ」 >面接は「答える内容」がすべて ではない

面接は「答える内容」がすべて ではない

何を話すか + どのように話すか = あなた

面接では、短い時間であなたのことを知るために、様々な質問が投げかけられます。あなたが応募書類に書いた内容をもとに、より具体的な内容が聞かれる ということがほとんどだと思いますが、面接での「より良いコミュニケーション」のため、面接官がなぜその質問をしたのか?について考えてみましょう。

たとえば、あなたが応募書類に書いた「志望動機」を面接でも聞くのは、答えた内容の確認をするという意味だけでなく、答える時の『表情』や『声の調子』などから、入社への『熱意』などを感じ取りたいためです。
面接では、このように「話す内容(何を話すか)」だけでなく「話し方(どのように話すか)」が大切になります。面接官は、あなたとやり取りをすることであなたの「話し方」を感じとり、「あなた」を判断していきます。

他にも、応募者を怒らせたり困らせたりするような質問をする、いわゆる「圧迫面接」では、質問に対する答えそのもの(答えの内容)に加え、そのような場面で言葉や態度が変わったり、言葉につまってしまったりすることがないか?どのように対応するのか?などが見られています。

入社後の実際の仕事では、業務が思うように進まず、様々なストレスに対応することが求められます。このような状況の中でも柔軟に対処し、成果を上げられるかどうか?圧迫面接の目的はこのような「ストレスへの反応・対応」を知ることなので、必要以上に緊張する必要はありません。答える時の表情や態度・反応などに注意し、落ち着いて対応することを心がけましょう。

また、同じ内容に関しての質問でも、一次面接(人事担当者や入社後上司となる人との面接)と最終面接(役員面接)とでは、面接での「評価のポイント」が違っています。最終面接(役員面接)では、主にあなたが自社の社員として相応しい「雰囲気」を持っているか?(企業文化・風土にマッチしているか?)、仕事に対する熱意があるか?入社意欲は高いか?といった評価が行われます。一次面接では「スキルや経験」最終面接は「企業・仕事とのマッチング」が重点的に見られている。と考えればわかりやすいかも知れません。

面接は「あなたが選考される場」であるだけでなく、「あなたが会社との相性を見極める場」でもあります。面接の主役はあなたです。就職することの先にある本来のゴール「就職先に定着すること」のためにも、五感をフル活用し、応募した企業・仕事との相性を確かめましょう


西宮市しごと相談室では、「あなた」を伝える模擬面接をはじめとした「全力応援メニュー」であなたをお待ちしています!!
その他の「ノウハウ」も、ぜひご覧ください。


Share (facebook)