就職・転職のお悩み・応募書類の書き方・模擬面接・お仕事探し あなたの就職活動を全力応援・西宮市しごと相談室へ!

 TOP >はたらく「ノウハウ」 >採用選考で、どこを見ている??  (1)

採用選考で、どこを見ている??  (1)

採用担当者は、採用選考においてどのような点に着目しているのでしょうか?
様々な企業の採用担当者にお話を伺いました。

Point1:第一印象が大切。会話の中では「考え方」を見ている

 
介護サービス会社代表取締役
人間はやはり第一印象ですね。他にはその人の「言葉」、「質問に対する考え方」、あと「業界に対する想い」ですね。これはやはり、皆さんの中でしっかりと持っていただきたいと思います。
 
介護サービス会社
代表取締役
 
 
 
 
物流サービス会社A代表取締役
物流サービス会社A
代表取締役







やはり、注意をしていただきたいのは、まず人間第一印象が一番ということです。情報の半分以上は第一印象からとよく言いますよね。そこを含め最初の面接でその人の「人柄」や「やる気」を見たいと思います。

そこでまず一番気をつけることは「身なり」「服装」です。面接時には、スーツを着、ネクタイを締めてきちんとして欲しいと思います。ラフな格好の方と、スーツを着てネクタイを締めてきちんとしている人とであれば、どうしてもきちんとしている人の方に「あっちの方が良かったな」という印象は傾きます。第一印象では、身なりをきちんとしているというのが大切ですね。

また、面接に来られた方の「動作」や「挨拶」というところもよく見ます。例えば、会社に入って来られる時に「失礼いたします」と言えるか、「○時○分に面接のお約束を頂いております○○です」というように挨拶がしっかりできる方であるかどうかというのもよく見ております。
 
 
 
商社・総務部・担当部長
商社
総務部  担当部長
今は一般的に「身だしなみ」や「言葉づかい」というのは当然なのですが、部屋に入ってきてから出ていくまでの動きなどの「所作」にも注目します。

しかし一番重要なポイントは、お話させていただく中でどのような考えを持っているかとか、どのようなものに興味を持っているかという所ですね。お話させていただいているやりとりの中での“反応”が一番大事ですね。
   

第一印象はとても大切なのですね。
面接前には、改めて服装や髪形などのチェックを心がけるようにしましょう。また、自分の言葉遣いやマナーに誤りはないか、事前に確認しておくとより自身を持って面接に臨めるのではないでしょうか。

次のページでは、第一印象以外のポイントをご紹介します。


西宮市しごと相談室では、自分を魅せる話し方、自分を伝える話し方のアドバイスや、模擬面接も行っています。
その他の「ノウハウ」も、ぜひご覧ください。


Share (facebook)