就職・転職のお悩み・応募書類の書き方・模擬面接・お仕事探し あなたの就職活動を全力応援・西宮市しごと相談室へ!

 TOP >はたらく「ノウハウ」 >自己理解・自己分析の一つの方法〜ジョハリの窓〜

自他ともに認める自分を広げよう

「自分のことは自分が一番理解している」と言いたいところですが、やっぱり悩むのが自己理解です。「自分がどういう人間なのか」を応募書類や面接で自己PRとして伝えないといけません。

まずは、「ジョハリの窓」の紹介です。
ジョハリの窓とは、心理学者のジョセフ・ルフトとハリー・インガム が発表した「対人関係における気づきのグラフモデル」のことです。

自己には以下の4つがあるとしています。
・「明るい窓:自分にも、他人にも分かっている姿」(open self)
 →自分に分かっている−他人に分かっている
 ⇒自分も他人も知っている「自分」
・「隠された窓:自分に分かっているが、他人には見せない姿」(hidden self)
 →自分に分かっている−他人に分かっていない
 ⇒自分は知っているけど、他人は知らない「自分」
・「盲目の窓:他人に分かっているが、自分には分かっていない姿」(blind self)
 →自分にわかっていない−他人に分かっている
 ⇒自分は知らないけど、他人は知っている「自分」
・「未知の窓:自分にも他人にも分かっていない姿」(unknown self)
 →自分にわかっていない−他人にわかっていない
 ⇒自分も他人も知らない「自分」
ジョハリの窓

その中で、「明るい窓」の領域を広げていくことが望ましいと考えられています。

「明るい窓」の領域を広げるためには、残りの3つの領域を広げていくことになります。

それには「フィードバック」「自己開示による気づき」「チャレンジ」が必要となります。

西宮市しごと相談室では、自分を“伝える”模擬面接など、様々なサポートを行っています。
ぜひご活用ください。


Share (facebook)