就職・転職のお悩み・応募書類の書き方・模擬面接・お仕事探し あなたの就職活動を全力応援・西宮市しごと相談室へ!

 TOP >はたらく「ノウハウ」 >面接を科学する

面接のしくみを知ろう

(1)なぜ面接があるのか?

就職活動において必ずあるのが「面接」です。必ず通るのに、苦手な方が多いようです。
「面接なんてなかったらいいのに…」という声も聞こえてきますが、なぜ面接があるのでしょうか。

大学や高校などの学校の入試では、学科試験が必須で、面接試験を行う場合は限定されています。学科試験で判断する入試に対し、採用試験では面接を重視している企業が多いと聞きます。
もちろん仕事をする上で最低限の学力は求められますが、いくら学力があっても面接の出来、不出来で不採用となるケースも多いです。

面接で判断できることは次の点です。
・身だしなみ、態度など外見で判断できる要素
・話し方や表情など文章では判断できない要素
・性格や雰囲気、人柄、その他深く掘り下げた内容など対話を重ねることで理解が深くなる要素


(2)面接官の役割

面接での登場人物は、「あなた(求職者)」と「面接官(企業)」の2者です。
面接官は何を考えているのでしょうか…

A)他の誰かと比べている
・他の受験者
・昨年の同時期の受験者や同職種で以前在籍していた方
 →他の受験者と同じではダメ。違いを見せることが必要。どんな人が受けていそうかイメージ。
・現在いる従業員
 →職場になじめそうかどうかを見る。職場で働く姿をイメージしてもらうことが大切。

B)面接での評価をつけている
・自社にふさわしい人物かどうか
 →社風や企業が大切にしているモノ・気持ちを共感できるかどうかがミソ。
・一緒に働くときに、「仲間」として迎えることができるかどうか
 →お互いが「明日からでも一緒に働いていそう」と感じることが大切。
・採用決裁者(社長や上司など)にどのように報告するか
 →面接後のゆくえを考えてみることが必要。
 @面接試験を行う。
 A面接官が面接試験の評価を人事決裁者に伝える。
  ※人事決裁者とは、人事の採否を決める人のこと。主に経営者などがそれに当たる。
 B次の採用ステップへ進んでもらうかどうかの話し合いをする。
 C面接試験の結果を決める。
 D受験者に合否の連絡をする。

上記の流れの中で@とDが、みなさんが直面する部分ではないでしょうか。
逆に言うと、ABCのステップが存在することを知っておくことが1つのヒントでしょう。

ということは、「伝えてもらいやすい印象を残せばいい」となりませんか?


(3)面接の構成

面接の時間は、事前にはわかりません。実際は30分かもしれないし、45分かもしれないし、5分かもしれません。いずれにしろ、限られた時間の中で人生を左右する面談を行うわけですから、冒頭からエンジン全開で臨みましょう。

面接の冒頭にある自己紹介は、「あなたはどんな人ですか」と言いかえることができ、氏名、年齢、住まい、所属(学生の場合は学校名、学部名、学科名、学年)などの基本情報と面接で「自分のここを見てください!」という事柄を簡潔に伝えることが必要となります。 過去の経験や趣味、好きなモノ、ライフスタイルなどを盛り込みながら「自分」を伝えることやキャッチコピーを用意するのも良い方法でしょう。
目安としては60秒くらいでしょうか。

面接がもし5分で終わると予告されていたのなら、何を伝えますか?

西宮市しごと相談室では、自分を“伝える”模擬面接など、様々なサポートを行っています。
ぜひご活用ください。


Share (facebook)