就職・転職のお悩み・応募書類の書き方・模擬面接・お仕事探し あなたの就職活動を全力応援・西宮市しごと相談室へ!

 TOP >はたらく「ノウハウ」 >自分の力が発揮できる職場とは…

自分の力が発揮できる職場探しの旅

■「楽(らく)」と「楽(たの)しい」は違う

自分が必要とされる職場は、自分の力が発揮されていると考えられます。そのような職場は決して「楽」ではないと思います。しかし、「楽しい」はずです。「楽」なことは、自分への甘えや現実逃避になり、その場しのぎの感じが拭えません。「楽しい」ことは、どんなにしんどくても苦しくても、達成感ややりがいを得ることができます。

-----
大好きなことを仕事にできなくても、落胆することはない。どんな仕事においても自分の才能はできるし、楽しめるものなのだ。(ジェフ・ケラー)
-----


■「正しい選択」と「楽しい選択」

仕事を探す上で、「今までの経験」を重視する場合もあれば、「自分の性格」を重視する人もいます。
それは「正しい選択」ですか?「楽しい選択」ですか?

お見合いで例えると、正しい選択は収入、外見、学歴など、条件から結婚を決めること。楽しい選択は、今は収入など不満でも、価値観や趣味など、共感できる人を選ぶことです。

就職活動でも同様のことが言えます。

<正しい選択>
・給与、勤務地、休日、勤務時間など待遇条件で判断する場合
・保持資格や経験(履歴)があることを理由に判断する場合

<楽しい選択>
・やりがいや自分の達成目標が得られそうだと判断する場合
・企業の社風に共感したり、期待感やワクワク感を感じることで判断する場合

これは、どちらの選択が良い・悪いではなく、自分にとって、どの選択肢を選ぶ方がより幸せかというテーマです。

今まで「正しい選択」をしていた方は「楽しい選択」を。
今まで「楽しい選択」をしていた方は「正しい選択」を。
一度、今までと違う方法で求人を探してみてはいかがでしょうか。

意外な求人と出会えるかもしれません。


■やる仕事、やった仕事を好きになる

もちろん自分の好きな仕事をすることは素晴らしいことですが、実際に実現できている人は、ほんの一握りの方だけです。

ほとんどの人が自分がやる仕事を目の前にして「いかに好きにするか」、やった仕事を認めて「いかに好きになるか」という考え方を持つものです。

また、働いている人の多くが、自分自身の仕事を「適職」だと思って働いているでしょうか?
おそらく周囲の人から「適職のように見えるだけ」だと思います。
ここで勘違いしてはいけないのは、だからと言って辞めたがっているとか自分の仕事を誇りに思っていないわけではありません。

「目の前にある仕事をいかにして自分のモノにするか」

そう考えた場合に、自分の能力が自然と発揮されていると思います。

西宮市しごと相談室では、自分を“伝える”模擬面接など、様々なサポートを行っています。
ぜひご活用ください。


Share (facebook)