就職・転職のお悩み・応募書類の書き方・模擬面接・お仕事探し あなたの就職活動を全力応援・西宮市しごと相談室へ!

 TOP >就職決定者のハナシ>Yさん(仮名)20代男性(新卒)IT企業にSE(システムエンジニア)として就職決定!

Yさん(仮名)20代男性(新卒)IT企業にSE(システムエンジニア)として就職決定!

就職決定者のハナシ

Yさん(仮名)20代男性(新卒)IT企業にSE(システムエンジニア)として就職決定!Yさん(仮名)20代男性(新卒)IT企業にSE(システムエンジニア)として就職決定

当初から大手メーカーに就職したいという漠然と考えはありましたが、就職するということ・働くということを改めて考えた時に“やりたいことがない”ことに困っていたYさん。さらに就職活動を進める中で“自分の強みが思いあたらない”という壁にもぶち当たります。このような状況でYさんはどのように就職活動を進めたのでしょうか。
Yさんが最初に西宮市しごと相談室に来られたのは、マナーアップトレーニングを受けるためでした。その後、応募書類の添削や求職者向け就活イベントへの参加、模擬面接を行い、上記の2つの難しい問いに答えを出すヒントを見つけていきました。

やりたいことを見つけるために
やりたいことがないので、向いている仕事をしようと考えましたが、「実際に就職してみないと向いているかどうかは分らない」という矛盾を抱えていました。そこで、適性のヒントを掴むために適職診断テストを受けてみることにしました。そして、テスト結果の中に出てきたSE(システムエンジニア)という職業に興味を持ちます。SEのことやIT業界に関する知識が浅かったYさんは、自身の知っていることと知らないことをまず挙げていき、詳しく調べていくことにしました。
さらに、SEやIT業界に詳しい人に話を聞くなどして情報収集をしていきます。次第に自身の気質に合っていると感じ、また、今後も世の中からの需要がある職であるという考えに至り、本格的に求人情報を探しはじめます。

強みを見つける
自分をアピールできるエピソード(例えば、サークルや部活動で部長をしていた、ボランティア活動に打ち込んだなど)が学業に励んでいたこと以外あまりないと考えていました。そこで、学業についてのエピソードを自己PRの柱にして、組み立てていくことにしました。しかし、学業を中心にアピールすることは本意ではありませんでした。学業でのエピソードを中心に据えた自己PRを書くために、西宮市しごと相談室の相談スタッフと面談を行いました。
すると自分がやってきた勉強に対する考え方や行動には特徴があり、自分の個性であることに気付きます。そして、次はしっかり説明でき、相手に伝わることを目指しました。

応募書類を作成する過程で、「なぜ?(WHY)」「どのように?(HOW)」などを繰り返し、掘り下げて考えました。すると、興味があまりない分野を学ぶ際、「後々役に立つかもしれない」「興味のある分野と繋げられるかもしれない」と現実社会に還元できるかどうかを考えながら勉強に取り組んだことや、授業の終わりに些細なことでも気になることは積極的に質問するなどの思考や行動が具体的に見えてきました。これらを今後の仕事に活かせるアピールポイントにして、応募書類や面接の回答に備えました。

今後の意気込み
後日、Yさんから電話がありました。

「おかげさまで採用が決まりました」

電話の声は、ホッとしたようでもあり、社会人になる決意や期待感に満ち溢れているようでもありました。

今後の意気込みを「とりあえず三平(さんぺい:平均的な年収、平均的な外見、平穏な性格)を目指します」と謙虚におっしゃっていました。“やりたいこと”や“自分の強み”はこれからも常に考えていかなければならない課題であるでしょう。社会人として踏み出す時には不安と期待が入り混じった感情になるでしょう。しかし、それを乗り越えて、個性を活かし、企業にとってなくてはならない存在になっていただきたいと思います。今後の活躍をスタッフ一同期待しております。

応募・エントリー数:50社
うち、書類選考通過数:9社


   Yさんからの応援メッセージ

とにかく不安を感じたら誰かに相談しに行って下さい。
私は西宮市しごと相談室、ハローワーク、大学のキャリアセンターなど
色々な場所に行っていました。


西宮市しごと相談室は、どなたでも・何度でも・無料でご利用いただけます。
「あなたらしさ」を伝えるリアルな模擬面接や応募書類の作成アドバイスなどを行っています。
ぜひご活用ください。

Share (facebook)