就職・転職のお悩み・応募書類の書き方・模擬面接・お仕事探し あなたの就職活動を全力応援・西宮市しごと相談室へ!

 TOP >就職決定者のハナシ> I さん仮名30代男性  印刷会社の総務に就職決定!

I さん仮名30代男性  印刷会社の総務に就職決定!

就職決定者のハナシ

就職決定者のハナシ I さん(仮名)30代男性<br />印刷会社の総務に就職決定!Iさん(仮名)30代男性 印刷会社の総務に就職決定!

好奇心旺盛で、自分が納得いくまで何事も深く掘り下げるIさん。 学生時代も自分の卒論の完成度を高めるため、数社の内定を辞退した程でした。

前職を退職直前にはじめて来室、幅広い興味・好奇心の中から、どのように就職活動を進めていくのか?スタートはそこからでした。 興味・選択肢を広げることと整理すること。志望動機や自己PRがうまくまとまらない状況でも積極的にたくさんの企業に応募し、その都度詳しく振り返りと応募書類の手直し

一般的に志望動機を書くには、応募先企業や職種の情報を集め自分の経験や想い・興味などを重ねることが多いのですが、Iさんは、なかなか自分で納得できる志望動機・自己PRにたどり着きませんでした。それでもとにかく応募を続け約1年、応募先は約30社を数えるようになりました。

西宮市しごと相談室以外にも、ハローワークはもちろん、職業紹介やインターネット、合同就職説明会など、様々な媒体・就職関連施設から幅広く情報を集めるのと並行して自己分析も繰り返し行い、自分の興味はどこに向いているのか? どのように自分を伝えるか? についても深く考えることで、より良い、より納得できる応募書類を目指しました。抽象的な表現を避け具体的な表現で書くことと、否定的な表現をなるべく使わないようにすることを心がけるなど、修正に修正を重ねていきました。

そのような中、今回の応募先は職場見学をすることができたので、企業・職場のことをより具体的に理解することができ、今までよりリアルな志望動機・自己PRをまとめることができました。書類の見た目にも同じように「こだわり」を持って作り上げました。面接は三次まであったのですが、面接が進むにつれ、Iさん自身の表情も変わってきたのが感じられました。入社後の資格取得やスキルアップなど、長期の目標も話し、アピールしたそうです。

結果は見事合格。

より広く情報のアンテナを広げ、より具体的な情報を集めることで、戦略的に就職活動を進めたIさん。応募書類提出後も情報収集を続け、最良の次の一手を考えていたと言います。頼りになる総務職として、長く活躍されることでしょう。

Iさんの成功ポイント

面接では、準備をしすぎず「素の自分」を出すことが大切。
作った自分で、その場だけうまく過ごしても意味がない。
本来面接では、企業と応募者は対等。伝えるべきことは伝える。
マッチングしなければ、その企業とは縁がなかったと気持ちを切り替えて、次の一手を考えて進める。


西宮市しごと相談室は、
リアルな志望動機・自己分析を作るお手伝いなど、あなたを魅せるサポートを心がけています。
ぜひご活用ください。

Share (facebook)