就職・転職のお悩み・応募書類の書き方・模擬面接・お仕事探し あなたの就職活動を全力応援・西宮市しごと相談室へ!

 TOP >就職決定者のハナシ> Yさん(仮名)20代女性 公務員(市役所職員)に就職決定!

Yさん(仮名)20代女性 公務員(市役所職員)に就職決定!

就職決定者のハナシ

就職決定者のハナシ Yさん(仮名)20代女性 公務員(市役所職員)に就職決定!Yさん(仮名)  20代女性
公務員(市役所職員)に就職決定!

就職活動中だった大学4回生のYさん。学校以外で就職支援や面接対策をしているところはないかと探していたところ、西宮市しごと相談室のWEBサイトを見つけ、来室されました。

まずは、志望動機や学生時代に打ち込んだ事やアルバイト経験などについてお話を伺い、後日、既に提出されたエントリーシートを基に1回目の模擬面接を行いました。
緊張もあったのか、エントリーシートに書いている自己PRに関する質問でさえも、自信のない答えになっていました。 また、ご自身が普段あまり使わないような言葉を使って話されていたので、「Yさん自身の言葉ではない」印象になってしまいました。そこで、自分の言葉に置き換えて話すように心掛ける事が大切だと認識されました。Yさんは翌日にも模擬面接の予約を入れ、1回目の模擬面接は終了しました。

翌日来られた時は、自分について掘り下げて考えた事や、前日に聞かれて答えられなかった質問について自分なりに考えて書き出したものをお持ちくださいました。そして2回目の模擬面接。1回目よりは、すらすらと答えることができましたが、それでもまだぎこちなく、自分の事を表現できなくなってしまっているように感じました。そこで、エントリーシートの内容をもう一度見直してみる事にしました。

そもそもなぜそこで働きたいと思ったのか?本当にそれが理由なのか?考えの原点を突き詰めて行きました。紙に書き出しては消し、再度考える…を繰り返す「しんどい作業」だったと思います。しかし、続けていくうちに、ふとご自身の言葉が出てきました。そこからは、自分の考えを素直に表現することができるようになりました。

採用試験本番の一次面接が終わった後、「自分なりの言葉で楽しく話せた」と報告のメールが届きました。そして最終面接に駒を進める事になります。
最終面接の前にも2度来室され、一次面接の振り返りと再度面接の練習をしました。これまでの模擬面接とは違い、Yさんの言葉で、元気な笑顔で答えることができました。

そして結果は、見事合格
繰り返し模擬面接をした結果、Yさんから「深い所まで自分の考えを突き詰めていったお陰で、他の受験者に負ける訳がないと思うくらいになりました」との言葉もいただけるようになりました。その自信を胸に、今後は優秀な職員として活躍されていくことと思います。

Yさん自分が思うここが良かった

最初は、きれいな言葉で
格好良いことを 言おうとしていた。
でもそうじゃなくてもよいのかもと思い、
自分の言葉で話したのが良かったと思う。


西宮市しごと相談室では、
模擬面接や応募書類の書き方アドバイスなど様々な面で、あなたを魅せるサポートを心がけています。
ぜひご活用下さい。

Share (facebook)