【相談日記】良い循環を生み出そう~Hさん(40歳代前半・男性・無職)~

Hさんは、前職を5年前に辞めて以来、職に就いていません。人間関係に不信感を持ったことが退職の理由なのですが、次なる就職にも人間関係がうまくいくかどうか不安に思っている間に時間が過ぎていってしまいました。その中でも「就職をしなければ」との思いから約半年前、相談室を訪問されました。
当時は「自分がどのような方向に進んでいいのかわからない」「自分にできることはない」と自分自身に自信がない状態でした。
それは「就職をしなければいけない」という焦りや「どうせいい職場になんていけない」という諦め、「また人間関係で困るかもしれない」という不安が入り混じっていて、一歩の踏み出し方に躊躇しているようでした。
そこで、立ち止まっている状態を解消するために、何かの行動をしてみることを提案してみました。

本を読む、情報を得る、サークル活動をする、ボランティア活動をする……

何らかの行動を一日のスケジュールに入れるで、動かない日を少なくしていきました。
しかし、一向に明るい光が差し込むことはありませんでした。

そんな日々を続けていたある日。ついに希望の光が差し込みます。
ある日の新聞の記事で、自分が共感できる仕事のことが載っていたのです。

その仕事のことをインターネットで調べました。今まで何かを深く調べてみようと思い、行動をしたことがなかったのにもかかわらず……。

調べていくうちに、自分がやりたい仕事であること、自分の年齢でもチャンスがあること、仕事に就くためには資格取得が必要であること等が次々とわかってきました。

そして、相談室を訪問された際に「自分のやりたいことが見つかりました!」と今までにない良い表情でお話をされました。
半年前とは比べ物にならない表情です。

それまでは立てられなかった就職に至るまでの計画を順調に立て、現在は順調にクリアしていっています。
まだまだ挑戦は始まったばかりですが、目標に向けての支援を全力で行いたいと思います。

人は何かに夢中になるとイキイキとしてきます。
イキイキすると周りがサポートをしてくれるようになります。
その励みを受けて、もっとがんばろうとします。
そして小さいかもしれませんが、成果や成功体験が出てきます。

このように良い循環で進んでいくことで苦しいこともしんどいことも過程として楽しんでいけるのではないでしょうか。




トラックバックURL

http://nishi-shigoto.com/chukounen/knowhow/soudan-diary171128/trackback/