面接時の服装は、応募先企業に合わせて考えよう!

応募先企業によって適切な服装は変わってくる

応募先企業に面接に行く時の服装は、一般的にはスーツで臨むのが良いと思います。人は第一印象が重要なので、より好印象を与えられるよう清潔感などを意識して服装を考えましょう。もちろん、スーツだからOK、というわけでもありません。面接時の服装は応募先企業に合わせて考える必要があります。

例えば、デザイン会社にデザイナーとして面接に行く場合は、必ずしもスーツである必要はありません。

デザイナーは、第一印象で『どれだけセンスがあるか』をアピールする必要があります。最新のトレンドを取り入れたり、個性を出すことで好印象につながります。アパレル関係の販売職にも同じことが言えます。『おしゃれさ』と『着こなし』がポイントになるのではないでしょうか。

このように、応募先企業によって適切な服装というのは変わってきます。どのような服装で、どのように印象づけるのかを考えるためにも、応募先企業をリサーチすることが重要なのです。




トラックバックURL

http://nishi-shigoto.com/chukounen/knowhow/know-how-9/trackback/