面接後のお礼の手紙のハナシ

感謝の気持ちを伝えることで、人間性・コミュニケーション能力が垣間見える

面接後にお礼の手紙を出すと、選考に有利になる場合があります。
必ずしも礼状を出したからといって、採用されるとは限りませんが、 西宮市しごと相談室でも面接後に礼状を出したことが採用につながる一要因となった、という報告があります。

採用するか否かは書類や面接でほぼ決まりますが、応募者が多数いる場合や、面接時間が短かった場合など、少しでも印象を残す意味では有効なこともあります。

ここで一番言いたいのは、「礼状を出す」イコール「採用選考に有利」ではなく、何事にも感謝の気持ちを持ち、それを伝えて欲しいということです。企業が就職のチャンスを与えてくださり、面接のために忙しい中時間をとってくださったことに対して感謝の気持ちを伝えることはとても大切なことです。

就職活動に限らず日常生活の中でもそういった人間性・コミュニケーション能力が垣間見えるということは、相手に良い印象を与えることにつながるのではないでしょうか。




トラックバックURL

http://nishi-shigoto.com/chukounen/knowhow/know-how-8/trackback/