最終面接はどんな面接?

最終面接は、多くの場合、役員や社長と面接することになります。たまに、「最終面接は入社の意思や勤務条件の確認程度」と言われることもありますが、それだけではありません。では、どのような面接になるのでしょうか?ほんの一例をご紹介します。
志望動機や熱意をより深くみる書類選考や面接でも問われてきた志望動機や熱意。最終選考では、本当に入社の意思があるのか等、さらに深く見るようです。それまでの選考以上に突っ込んだ質問があるかもしれません。また、役員からその企業の厳しさや大変さなどの説明もあり、入社の覚悟があるかを試されることもあるでしょう。最終面接前には、志望動機や入社後のビジョン等、改めてよく考えておきましょう。最後のアピールの機会ですので、熱意を余すことなく伝えられるよう、準備しておきましょう。
企業に合う人かどうか、見極める人柄を含め、企業にマッチするかどうかを見ています。企業の理念を充分に理解し、共感しているかどうか等を確認します。企業に関する情報は改めて確認しておきましょう。
圧迫面接や突拍子のない質問最終面接に関わらず、圧迫面接が行われるケースがあります。圧迫面接は、わざと意地悪で威圧的な質問をしてその受け答えを評価する面接の手法です。不測の事態が起きた場合の対応能力や、機転が利くかどうか、顧客や取引先からのクレームにきちんと対処出来るかどうか、ストレスに耐えられるかどうかなどを見て、精神的に強いかどうか確認するのです。質問の意図を考え、冷静に対応しましょう。
企業により、最終面接の内容は様々ですが、どのような面接であれ「事前に準備し、素直な自分を出す」ということが大切なのではないでしょうか。




トラックバックURL

http://nishi-shigoto.com/chukounen/knowhow/know-how-34/trackback/