挨拶は心を通わせる最初の手段

相手の存在を認め、「コミュニケーションが取りたい」という意志表示挨拶は相手の存在を認め「コミュニケーションが取りたい」という意思を表し、相手と心を通わせるためのものです。自分と相手の両方を大切にする姿勢で、やや改まった態度で接することは、相手に良い印象を与え、コミュニケーション力を培うことにつながります。
挨拶では、
1.相手に聞こえる声ではっきり発音する
2.相手の顔、目を見る
3.心を込めて、丁寧に
4.誰にでも公平に
5.すれ違う時は軽く会釈する
といった5つのポイントに注意し、「言葉」だけではなく、「身振り」や「態度」なども含め、自分らしいスタイルを形作ることが大切です。
タイミングの良い挨拶や言葉の選択に注意することは、相手に良い印象を与えることにつながります。挨拶だけでなく様々な作法を身につけることで、堂々とした態度で色々な人とかかわりを持つことができます。




トラックバックURL

http://nishi-shigoto.com/chukounen/knowhow/know-how-33/trackback/