面接に向けた「2つ」の準備

「伝えたい内容」と「良好な人間関係」面接で「自分」を伝えるには、まず自分の長所、趣味、将来の自分の姿などといった「伝えたい内容」を準備します。面接では、自分が「企業が求める人物像」に近いということを伝え、応募先企業に入社後、自分が活躍しているイメージをもってもらうことが必要になります。
面接は、面接官との「コミュニケーション」であり、応募書類のように、「伝えたい内容」を一方的に伝えることはできません。面接官と「良好な人間関係」を築くことは、面接官に「積極的に聞く気持ち」になってもらうために、とても大切なことです。
「伝えたい内容」を正しく伝えるために企業に伝えたい「あなた」をキチンと伝えるためには、「応募先の企業や職種を詳しく知ること(企業研究・職種研究)」「自分の経験などを振り返ること(自己分析)」といった『伝えたい内容の準備』だけでなく、口角・目・あご・柔らかい視線などをポイントに表情筋のトレーニングをしたり、感謝・奉仕・反省・素直・謙虚を心がけたりといった「面接の場の空気を作りうまく伝わる環境を準備」が重要です。
面接官に好意を持ってもらい、「積極的に聞く意識を持ってもらう」ことは、リラックスして面接に臨むことにもつながります。「伝えたい内容」を正しく伝えるため、面接官との良好な人間関係を築くことを考えることを考えるのも良いのではないでしょうか。




トラックバックURL

http://nishi-shigoto.com/chukounen/knowhow/know-how-32/trackback/