応募書類で伝える内容

まずは応募先企業や業種・職種を深く知り、自己分析

応募書類で何を伝えるか?」でもお伝えしましたが、応募書類(特に職務経歴書)の第一の目的は、あなたが企業の求める人物像に近いということを伝えるということです。応募先企業や業種・職種を深く知ることと、自己分析を行うことではじめて、「近い」ということを伝えることができます。

未来の姿をイメージしてもらう

企業は、応募書類に書かれた自己PRや志望動機などの情報をもとに、あなたが入社後どのように活躍しそうか?をイメージし、面接に呼ぶかどうかを判断します。書類選考を通過し、面接につなげるには、あなたのスキルこれまでの経験人柄などの「現在の姿」「過去の姿」だけを企業に伝えるのではなく、入社後あなたが働く姿・活躍している姿など「未来の姿」も具体的にイメージしてもらうことが大切です。

イメージが相手に伝わる表現か、チェック

あなたが入社後働いている姿活躍している姿をイメージしてもらえるように表現し、伝えましょう。あなたの自己PRについて、一度客観的に見直し、あなたが企業で活躍するイメージが伝わるものになっているかどうか確認してみるのも良いでしょう。




トラックバックURL

http://nishi-shigoto.com/chukounen/knowhow/know-how-31/trackback/