【コラム】ビジョンを描くのか、積み上げるのか……

今年も年の瀬が迫ってきました。
求人の動向はニュースでも伝えられているとおり、求人倍率は高めを推移しています。
求人倍率は1.0倍を超えれば求職者の数が求人案件数を上回っていることを意味します。

じゃあ、「全員に働き口があるのではないか」となるでしょう。
数値上はその通りですが、求人案件は千差万別。短時間雇用も含まれています。

だから求職者の数は多少減りましたが、一定数は良い職場と巡り合えない状態が続いています。
もちろん、失業して間もない人も統計上の数値には含まれますので、現在も精力的に就職活動を行っている方もいると思います。

しかしながら、就職活動が長引いている人もいますし、就職したものの、現在の職場は不本意な気持ちで入社し、働きながら就職活動を行っている人もいるのではないでしょうか。

要するにミスマッチが起こっていることに他なりません。

さて、ミスマッチの原因を考えてみた時に、就職活動時の軸がないことがひとつの要因として挙げられます。
この軸とは何なのでしょう……。

それは端的に言うと、ビジョンや目的です。

物事を考える時、ビジョンや目的を掲げてから今やるべきことを逆算して考える人(ビジョン型)と目の前にあることをひとつひとつやっていって、その結果を求める人(積み上げ型)の大きく分けて2つのタイプになります。

ビジョン型の人は、目的に向かって、やるべきことが明確なので、次に何をしたらいいのかわかりやすい反面、ビジョンの描き方が自分と合っていないといつまで経っても目的地にたどり着きません。
たとえば、「火星に行くねん」とビジョンや目的を掲げたとしたら、「宇宙旅行の環境が整う」「宇宙旅行をするだけの財力を持ち合わせている」「宇宙で過ごす訓練を受ける」「宇宙で過ごす体力をつける」といった準備が必要となります。
みなさんも読んでわかった通り、「そんなんで火星に行けるわけないやん」と思ったでしょう。
もっと細かなステップがあって、もっと深い洞察力が必要となります。

逆に積み上げ型の人は、目の前にある課題をクリアしていって、どんどん成長はしていくのですが、周囲との共感が生まれにくいという側面を持ち合わせます。
たとえば、「とにかく体力をつける」と毎日筋トレや運動を行ったとしたら、どんどん体力自慢の人になっていくでしょう。しかし、その体力をどこに活かすかを考えていないと、ただただ体力がある人となり、周囲の人からも「体力だけつけてどうするんだろうね」と半ば冷ややかな目をされて、手を差し伸べることもしてもらえません。
ここでは何らかの目的やビジョンを示す必要がありますね。

そこで、ビジョン型と積み上げ型を両方持ち合わせることが大切なのではないでしょうか。

まずは積み上げ型で物事を考え、積み上がったものを確認しながら、ビジョンを描く。ビジョンを描いたら、積み上げ方を軌道修正して、ビジョンに近づけていく。また、積み上げを行って……と繰り返し繰り返し人は成長していくのかもしれません。

時にはビジョン型。時には積み上げ型。その両方の考え方を持つことが良い循環を生むと思います。

年末年始は求人の動向が一時的に止まります。
年が明けて年度末(3月)までは求人動向が一気に加速します。

その波に乗るためにも、有意義に年末年始をお過ごしください。

本年もお世話になりました。来年もよろしくお願いいたします。

—–
【年末年始の開室状況】
2018年12月29日(土)~2019年1月3日(木)まで休室となります。
年内は、2018年12月28日(金)18時まで開室。
年始は、2019年1月4日(金)10時から開室です。




トラックバックURL

http://nishi-shigoto.com/chukounen/knowhow/know-how-181227/trackback/