【コラム】字で自分を表現する

「字は体を表す」「書は人なり」という言葉があります。
字はその人を表現するひとつの情報であることがわかります。

昨今は、履歴書を手書きがいいのか、パソコンで書いてもいいのかというと、一昔前に比べて、パソコンで作成される方も増えた印象です。

手書きで書くと時間がかかりますし、間違えたら一からやり直し。
そうなると根気もなくなってきて、書類を送付することさえままならない状態になることもあります。

しかし、手書きの文字はその人を表します。自分の中にアピールする点が少ないと感じている方は手書きの履歴書を作成してみてはいかがでしょうか。
字は読みやすいに越したことはありませんが、美しい字よりも丁寧な字が求められます。
丁寧に一生懸命書いたことで、その想いは字に込められるでしょう。

このことは、写真にも同じことが言えます。
パソコンで作成されている方の中には、パソコンのデータ処理で写真画像を貼り付けている方もいますが、やはり写真は別で撮影して、貼り付ける方がよいと感じます。
写真もスナップ写真や使いまわしのものではなく、しっかり想いを込めて貼り付けましょう。

写真館で高い金額を払うことを勧めているわけではありません。
ひとつひとつ丁寧に応募書類を作成する方がいいのではないかということです。

応募書類を丁寧に手書きで作成すると、1時間から1時間半くらい時間を要します。

そのくらいの想いを込めて、自分をアピールするのもいいのかもしれません。




トラックバックURL

http://nishi-shigoto.com/chukounen/knowhow/know-how-181211/trackback/