【コラム】とりあえず書き出してみる

就職活動中って何かに迷ったり、悩んだりする時が多くなりがちですよね。
人生の中で、大きなターニングポイントになる可能性があるのですから、当然のことだと思います。

しかし、迷いや悩みは解決の兆しを見えないままになるとだんだん不安要素が増えてくることもあります。

職業の選択や転職すべきかどうか、自分が何に向いているのか、自分が何をしたいのか……

このような不安を解消するためには、自分自身で不安の内容をしっかりと知り、受け止めることが大切です。

そのためには、まずは「とりあえず書き出してみる」ことをおススメします。

書き出してみることで「ストレス解消」「脳の活性化」「無意識への影響」があるそうです。

書くことで、自分の気持ちが見えるようになります。
客観的に自分を見ることにもつながりますし、ぐちゃぐちゃしたものの整理にもなります。
ストレスは、整理がつかない状態になることが大きな原因となるようです。

そして、書くときには脳が回転しますので、活性化にもつながります。
何らかのアイデアが出てきたり、思いもよらなかった解決策が浮かび上がってくるかもしれません。

さらには、迷いや悩みを冷静に捉えることができ、不安を作り上げる要素に直面することができます。
課題に対して意識を持つことは大変有効です。むしろ、意識的に捉えなければ解決には結びつきません。
一説では、人は95%の無意識で日常を過ごしているようです。残りの5%は意識的な行動となります。
常に意識下に置くと行動も変わってきますので、課題解決へとつながります。
もし、不安を安心に変換することができれば、意欲的になれるのではないでしょうか。

これらのプロセスを経ることで、不安要素は軽減していきます。
普段は不安要素を見ない、感じないようにしようと思っていても、どこかで現れます。
いっそのこと、不安要素を受け止めて、課題解決へアプローチした方が得策かもしれませんね。

また、いっぱい書き出すことで、頭に思い浮かんだことの抜けや漏れを防ぐことにもなります。
考えがまとまらない時も、多くの選択肢の中から選ぶ時も、頭の中がいっぱいになっていくと、ついつい抜けや漏れが出てくるものです。
その抜けや漏れが後で気づいた時には再び不安要素として現れることになり、再び考え直さないといけなくなります。
何度も同じことを考えていると、考えることに疲れてしまいますので、しっかり考えるためには、抜けや漏れを無くしておいた方がよいのではないでしょうか。

さて、書き出した後には、課題の認識や次の行動に向けた計画づくりをして、実践していかなければなりません。
相談室で一緒に考えることができますので、ぜひお越しください!




トラックバックURL

http://nishi-shigoto.com/chukounen/knowhow/know-how-180206/trackback/