【コラム】空ぶかしの法則~ブレーキとアクセルの関係性~

前に進みたい気持ちがあっても、前へ進んでいない場面に出くわすことはないですか?
そして、いつの間にかエネルギーを消費してしまって、動けなくなる……。

この現象は、車のアクセルとブレーキの関係によく似ていると思います。

車の場合、アクセルを踏むと前へ進みます。そしてブレーキを踏むと止まります。
では、アクセルとブレーキを両方踏んだ状態ではどうなるでしょうか。
前へ進まず、エンジン音だけが鳴り響くことになります。そうです。空ぶかし状態になります。
空ぶかしでも、ガソリンは消費しますが、一向に前へ進みません。

前へ進むにはどうしたらいいのか。
それは、ブレーキを踏まないことです。ブレーキを徐々に離していくと、前へ進むようになります。

みなさんの周りで同じようなことは起こってませんか?
前へ進みたいけど、前へ進めないのは、何らかの要因でブレーキを踏んでいるのではないでしょうか。
もちろん、就職活動についての悩みもあれば、家族や家庭の悩み、将来への悩みなど、多くの悩みを抱えています。
だから、大きな決断の時にはブレーキを踏みがちです。
しかし、ブレーキを踏んでいれば、前へは進みません。その場で立ち止まるのみです。

ブレーキとなっている要素は何でしょうか。「今」解決できることでしょうか。「今」解決しなければならないことでしょうか。
もしかしたら、余計なブレーキを踏んでいるかもしれません。

安全運転で前へ進もうと思うなら、ブレーキを離した状態で、徐々にアクセルを踏み込むことが求められます。
一度、ブレーキを離してみましょう。

もちろん、前方に危険が迫ったら、迷わずブレーキを踏んでください。
一度立ち止まるのもアリです。




トラックバックURL

http://nishi-shigoto.com/chukounen/knowhow/know-how-161013/trackback/