【コラム】面接では「わかりやすさ」を重視

「面接が苦手だ」そう感じていらっしゃる方は多いように思います。

しかし、面接は避けては通れない道です。だから面接への苦手意識を少なくすることが大切です。

面接での苦手意識は、「どんな質問をされるかわからない」「聞かれる内容にうまく答えることができるだろうか」「ネガティブな内容を伝えにくい」といった点から生まれてくるのではないでしょうか。

面接は、「履歴書等の書類では判然としない点を詳しく聞くこと」や「自分の言葉で伝えてもらうことで、書類に書かれている内容を再確認すること」、「コミュニケーションを通じて、人物像を深く知ること」、そして何より、「自社で活躍できそうな人物かを判断すること」が目的であると考えられます。

だから、どんな質問をされるかはある程度想定できます。要はみなさんのことを知りたいのです。活躍できる人物かどうかを判断するために。

質問は、今までの経歴や職務内容から仕事を行う姿を想像できる内容や今後のビジョンを問う内容、長所や短所などの性格やキャラクターに関する内容で主に構成されており、一番苦手意識を感じるのが、最初に挙げた過去を聞く質問なのではないでしょうか。

面接官は、過去の状態を参考に将来のイメージを膨らませます。だから過去についての質問事項が多くなるわけです。

自分の現在までの状態をわかりやすく伝える準備をするべきですね。また、職に就いていなかったブランク期間や職種が大きく変わっている(統一感が一見なさそうな)点、短期間での離職経験等は、面接官の目につく箇所ですので、聞かれるであろうと想定することが求められます。

その中にはネガティブな内容もあると思いますが、過去の事実を変えることはできないので、言いにくいところは重点的に想定しておきましょう。

一方、面接は聞かれるばかりではありません。みなさんが今後働く職場について積極的に質問を行うことや意見を述べることで、より相手は判断しやすくなります。

自分も面接官(企業)もお互いに正確な判断がなされずに採用・入社となってしまうと、ミスマッチが起こる原因となりがちですので、なるべく「素直」な姿勢で臨みましょう。




トラックバックURL

http://nishi-shigoto.com/chukounen/knowhow/know-how-160816/trackback/