マナーアップトレーニング~メールのマナー2~

みなさん、こんにちは。WEB版マナーアップトレーニングにようこそ!
今回は、前回より引き続き、電子メールについて取り上げます。
メールについての基礎知識もおさらいしましょう!!

—–
■電子メール チェック!!

(A)ケース「大切な用件をメールで送った時」
取引先に、大切な用件をメールしました。
文書を送った証拠を残すために適切な手段だと考えました。
しかし、取引先の担当者にはどうしても今日中に見てもらう必要があります。
どうすればよいでしょうか?

以下の1~3のうちで適当なものの番号を選んでください。

1:朝早く送っておけば、1日のうちにメールボックスを開いてもらえるので大丈夫と考える。

2:念の為、メールを送ったことを電話で伝える。

3:メールと電話の両方をするとくどいので、メールの返事を待った方がよい。

※ヒント※
 メールをチェックする頻度は人によって違います。確実に見てもらうためにはどうすれば良いか考えましょう。

(B)メール作成の仕方について、以下の考え方はどうでしょうか。
  合っているものに○・間違っているものに×をつけてください。

1:親しいお客様には、気持ちが伝わりやすい絵文字を用いている。

2:初めて送る相手には,文頭で所属とフルネームを名乗ることにしている。

3:内容がわかるようなタイトルを付けて送信している。

4:メールでも礼儀を示す必要があるので、時候の挨拶を入れた方が良い。

5:用件は短くまとめ、読みやすく書く。

—–
答え(A)2 
  (B)1:× 2:× 3:○ 4:× 5:○




トラックバックURL

http://nishi-shigoto.com/chukounen/knowhow/know-how-150713/trackback/