志望動機では「未来」を語ろう

自己PRでは過去を、志望動機では未来を語りましょう

自己PRは、あなたのこれまでの経験を伝えることで、あなたと企業が求める人物像は「近い」と伝えるものです。これに対し、志望動機は、企業という「環境」で働くことで、あなたが何をしたいと思ったのか?何ができるのか?(企業にどのような貢献ができるのか?)を伝えるためのものです。

        • なぜその業界なのか?
        • なぜその企業なのか?
        • なぜその職種なのか?

自己分析や企業分析を深め、志望動機では「自己PR」という「過去」を踏まえ、採用後の「未来」の自分の姿を語ることが大切です。



関連記事(志望動機について)
  1. たとえ話(比喩表現)でわかりやすく

トラックバックURL

http://nishi-shigoto.com/chukounen/knowhow/know-how-14/trackback/