Oさん(仮名)40代男性 製造業事務職に契約社員として就職決定!

Oさんは、11年以上営業事務と貿易事務を続けてこられました。英語が好きでずっと英語の勉強を続けられているOさんは、貿易事務に特化した仕事がしたいと退職を決意し、就職活動を始められました。最初の頃は他の就職支援の機関を利用されていましたが期限付きの支援だった為、新たに就職活動の味方を探されていたところこちらへ来室されました。

思いを伝えるための工夫
既に他の支援機関でも書類を添削されたとのことでしたが、書類選考に思うように通過できず困っているとのことでした。なので、私たち西宮市しごと相談室でも再度書類を見直す事から始めました貿易事務の仕事に就きたいという強い想いを伝える為には、その熱意を書類上で表現することと、今までの経歴の中でも貿易事務については特に詳細に伝えることが必要なのではと考えました。そこで、どういう想いで転職活動をしているかについても書き加え、書類を作り直しました。すると以前と比べ書類選考に通るようになったそうです。それからは面接対策として、「聞かれた事に対する答えの結論を最初に伝える。」という事を心掛け、何度も模擬面接を繰り返しました。

モチベーション維持のための作戦
それから毎回ハローワークで紹介状をもらわれる度、応募者の多さに辟易(へきえき)されたOさんは、ある作戦を練られました。それは、交通の便利が良い人気の高いエリアは避け、通勤に不便な場所や車でなければ通えない場所にある企業に優先的に応募するというものでした。こうすることにより、応募者の多さでやる気を削がれる事なく、モチベーションを持続することができたとのことでした。そして間を開けずに、応募をしていくということにも気を使われていました。こうすることで、応募漏れがなくなり、気分のムラもなくなるとのことでした。

今回採用されるに至った会社との面接は、住んでいる所の話で盛り上がり、和やかな雰囲気で話が進んで行ったとのことでした。妥協している部分も少しはあるとのことでしたが、職務経歴書を見ながら今までの経験を認めてもらえた事はとても嬉しく、ここでずっと働いていきたいと決意されたそうです。Oさんは、契約社員からスタートし、同社で正社員を目指すことになります。正社員として雇用されると海外転勤の可能性も出てくるとのことでその事を目標に、働きぶりを認めてもらう為、どう働いていくかについて、考えを具体的に話して下さいました。いつの日かOさんから海外からの便りが来るのを、相談室のスタッフ一同楽しみに待っています。

【Oさんの成功の秘訣】

あきらめないで。
面接では、自分らしさを出して下さい!




トラックバックURL

http://nishi-shigoto.com/chukounen/kettei/40s_man/kettei111007-3/trackback/